まもなくWordPress 5がやってくる!エディタが大きく刷新!?

Wordpress

まもなくWordPress 5がやってくる!エディタが大きく刷新!?

2018年09月11日 21:00 2018年09月12日

まもなくWordPress 5がやってくる!エディタが大きく刷新!?

こんばんは!

最近なぜか腰の痛みが酷く、毎晩お灸をしたあとにサロンパスを貼って寝ている社員Aです👩

私は20代前半なのですが、老後が心配でたまりません…!



さて、本日はまもなくリリースされると囁かれている「Wordpress5」の情報についてまとめていきたいと思います。

 

4年ぶりのメジャーアップデート WordPress 5.0

前回Wordpress4.0がリリースされたのは、2014年の9月4日でした。

それからも4.x.xのアップデートを重ね、ついに今年の8月2日に4.9.8がリリースされました。

メジャーアップデートとなるのは、4年ぶりのこととなります。

メジャーアップデートでは毎回大きな機能追加などが行われますが、今回はビジュアルエディタが大きく刷新されるということで話題になっています。

 

ブロック型エディタGutenbergが標準搭載

メジャーアップデートにより、Wordpress5.0では、従来のビジュアルエディタからブロック型のエディタであるGutenberg(グーテンベルク)に変わると言われています。

ちなみに、Gutenberg(グーテンベルク)は、ヨハネス・グーテンベルクの人名から来ているそうです。

ヨハネス・ゲンズフライシュ・ツール・ラーデン・ツム・グーテンベルクは、ドイツ出身の金属加工職人、印刷業者である。
印刷に改良を加えた活版印刷技術の発明者といわれ、広く知られている。

すでにGutenbergはプラグインでも配信されており、現段階でも使用することができます。

プラグインページはこちら

注意点こちらのプラグインは現在ベータ版のため、WordPress環境での使用は自己責任でお願いします。

WordPress.comの無料ブログのような見た目のエディタで、慣れるまではいつものボタンの位置や投稿に戸惑うかもしれないですが、慣れると使いやすそうだなという印象です。

 

Gutenbergの問題点とは?

一見便利で進化したように見えるエディタGutenbergですが、問題点があるとすれば、現在のビジュアルエディタでカスタマイズをしている方は、それらの互換性がなくなったり使用できなくなる可能性があります。

例えば、TinyMCE Advancedは標準エディタの機能を拡張できる有名なプラグインで、このブログでも使用していますが、それらが新エディタGutenbergにうまく互換していけるのか、その点が心配ですね。

また、今まで標準エディタで執筆したブログ記事がブロック型エディタであるGutenbergで見たときに崩れたりする可能性があるようです。

そのため、本番サイトなどをWordpress5にアップデートする前に、開発環境などでアップデートしたり、Gutenbergのプラグインをインストールしてみて、事前に確認をしていた方が良さそうです。

 

WordPress5はいつリリースされる?

WordPressの次期バージョンの開発状況は下記でご覧いただけます。

開発状況を見る

※2018年9月10日0:09現在では、全体の43%くらいですね。

当初は8月にはリリースされるのではと噂されていましたが、メジャーアップデートなので、時間が掛かっているんでしょう。

また新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います!
以上、Wordpress5.0の情報でした!

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。日本語力が乏しく…社内のみんなからも指摘をされるので、ブログの執筆を通じて語彙力強化していきたいです✨ 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物がすきな皆さま、小動物トークしましょう!