ついに発表されたPhotoshop CC 2020新機能完全まとめ

photoshop

ついに発表されたPhotoshop CC 2020新機能完全まとめ

2019年11月06日 17:18 

ついに発表されたPhotoshop CC 2020新機能完全まとめ

こんばんは。社員Aです👩

Adobeからついに発表されたPhotoshop CC 2020新機能を完全にまとめていきます。

 



 

ついに発表された、Photoshop CC 2020新機能

新機能1.新しいオブジェクト選択ツール

Adobe Senseiを搭載した新しいオブジェクト選択ツールは、単一のオブジェクト、複数のオブジェクト、または画像内のオブジェクトの一部(人、車、家具、ペット、衣服など)を選択するプロセスを簡素化します。

オブジェクトの周囲に長方形の領域またはなげなわを描くだけで、 オブジェクト選択ツールは定義された領域内のオブジェクトを自動的に選択し、最も複雑な選択でも高速化します。

オブジェクト選択ツールへのアクセス
  1. Photoshopのメインアプリケーションツールパネルから。
  2. クイック選択およびマジックワンドツールと同じグループにあります。
  3. [選択とマスク]ワークスペースの[ツール]パネルから 。
Adobe SensaiとはAdobe Senseiは、人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を駆使し、隠れたビジネスチャンスの発見や単調で時間のかかる作業の高速化を支援し、一人ひとりに適切な顧客体験を提供します。ビジネスをスマートにスピードアップ、Adobe Senseiがお手伝いします。

 

 

新機能2.一貫した変換動作

レイヤーの種類に関係なく、Shiftキーを押さずに複数のレイヤーを比例的に変換できるようになりました。

Photoshopのこのリリースでは、変換動作に次の変更と改善が加えられました。

  • デフォルトの変換動作は、今で比例スケーリングで示されるすべてのレイヤタイプとオブジェクトのための維持アスペクト比のオプションバーでONの状態でボタン(リンクアイコン)。
  • デフォルトの変換動作を非比例スケーリングに変更するには、[ アスペクト比を維持 ]ボタンをクリックしてオフにします。
  • シフト押しながらキーは、今のトグルとして機能維持アスペクト比の ボタン。場合アスペクト比維持その逆押圧しながらボタンはON、ShiftキーをトグルそれOFFです。
  • Photoshopは、最後の変換動作設定(比例または非比例スケーリング)を記憶するようになりました。これは、次回Photoshopを起動したときにデフォルトの変換動作になります。
従来の変換動作に戻す方法

メニューバーから、[ 編集](Win)/ Photoshop(Mac)> [設定]> [全般]を選択し、[ レガシーフリートランスフォーム]を選択します。

 

 

新機能3.スマートオブジェクトをレイヤーに変換

Photoshopのこのリリースでは、追加の手順をすべて行うことなく、スマートオブジェクトをコンポーネントレイヤーに簡単に変換できます。

レイヤーパネルでスマートオブジェクトを選択し、次のいずれかを実行します。

  1. スマートオブジェクトを右クリックまたはControl キーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「レイヤーに変換」を選択します。
  2. メニューバーから、レイヤー/スマートオブジェクト/レイヤーに変換を選択します。

 



新機能4.強化された変換ワープ

ワープツールの機能強化により、Photoshopでのクリエイティブなワーピングをより詳細に制御できます。

任意の場所にコントロールポイントを追加するか、カスタマイズ可能なグリッドで画像を分割し、個々のノードまたはより大きな選択範囲で変換します。

ワープツールを使用すると、次のことができます。

  • 新しいプリセットグリッドサイズオプション(3 x 3、4 x 4、5 x 5)を選択します。
  • 独自のカスタムサイズのグリッドを作成します。
  • 独自のグリッド線とアンカーポイントを追加します。
  • グリッド線を削除します。
  • 複数のアンカーポイントを選択してドラッグします。
  • ワープを編集する個々のステップを元に戻します。

試してみるには、編集>変形>ワープを選択します。

 

 

新機能5.OpenTypeフォントの文体セット

OpenTypeフォントの文体セットはPhotoshopで利用できます。

文体セットにより、フォントの代替グリフにアクセスする機能が簡素化されます。

これで、[ プロパティ ]パネルの[ スタイルセット ]メニューにアクセスして、1つ以上のスタイルセットをテキストに適用できるようになりました。

  1. 次のいずれかを実行します。
  2. 文字ツールを選択して、新しい文字レイヤーを作成します。
  3. レイヤーパネルで1つ以上のタイプレイヤーを選択します。
  4. 文字ツールを選択し、文字レイヤー内で実行される特定のテキストを選択します。
  5. [プロパティ ]パネルに移動します(ウィンドウ>プロパティ)。
  6. プロパティパネル、タイプオプションポッドまでスクロールします。必要に応じて、ポッドを展開します。
  7. [スタイルセット]のアイコンをクリックして、メニューを開きます。
  8. 目的のスタイリストセットを選択します。

 

 

新機能6.拡張コンテンツ対応塗りつぶし

Photoshopのこのリリースでは、3つの新しいサンプリングエリアオプションがコンテンツ対応塗りつぶしワークスペースに追加されました。

これらのオプションを使用して、Photoshopがコンテンツを埋めるためにソースピクセルを検索する画像のサンプリング領域を決定できます。

  • 自動:周囲の塗りつぶし領域に類似したコンテンツを使用します。
  • 長方形:塗りつぶし領域の周囲の長方形領域を使用します。
  • カスタム:手動で定義されたサンプリングエリアを使用します。どのピクセルから塗りつぶすかを正確に特定します。

新しいオプションを試すには、画像を開き、塗りつぶす領域を選択します。

次に、編集>コンテンツに応じた塗りつぶしを選択します。

サンプリングエリアオプションは、ワークスペースの右側にあるコンテンツに応じて塗りつぶしパネルに表示されます。

 

 

新機能7.輝度/コントラストおよび曲線用の32ビット調整レイヤー

HDRワークフローで特に便利なのは、直接調整、調整レイヤー、スマートフィルターのいずれかとして、32ビットドキュメントでカーブと明るさ/コントラストの調整を使用できるようになりました。

 



新機能8.アプリ内の新しい画面

Photoshopの新機能をアプリで確認できるようになりました。

Photoshopの新機能の概要を読むには、ホーム画面に移動し、右側の[アプリで開く ]をクリックします。

 

 

新機能9.新しいショートカット

同じブラシでペイントして消去する

〜チルダキー(エスケープまたはEscキーの下)を使用して、同じブラシチップでペイントと消去を切り替えます。

この機能は、iPadのPhotoshopのタッチショートカットとしても使用できます 。

 

レイヤーのコンテンツにズームする

レイヤーパネルで、レイヤーをAltキーを押しながらクリック(Win)/ Optionキーを押しながらクリック(Mac)して、そのレイヤーのコンテンツにズームします。または、メニューバーから表示>画面にレイヤーを合わせるを選択することもできます。

 

ブラシの先端を回転させる

ブラシツールがアクティブなときに左右の矢印キーを使用して、ブラシの先端をすばやく回転できるようになりました。

  • 左矢印キーは、ブラシの先端を反時計回りに1度回転します。
  • 右矢印キーは、ブラシの先端を時計回りに1度回転します。
  • Shift +左矢印キーは、ブラシの先端を反時計回りに15度回転します。
  • Shift +右矢印キーは、ブラシの先端を時計回りに15度回転します。

新しいユーザー設定([ 設定]> [ツール]> [矢印キー回転ブラシチップ])も[ 設定 ]ダイアログに追加されました。この設定はデフォルトでオンです。

 

 

新機能10.アニメーションGIFのサポート

[ファイル]> [名前を付けて保存 ]オプションから、PhotoshopドキュメントのフレームをGIF形式で直接保存できるようになりました。

[ファイル]> [名前を付けて保存 ]オプションから保存している間、[ GIF保存オプション ]ダイアログに表示されるすべてのオプションは、アニメーションGIFの書き込みがサポートされています。

 

 

新機能11.スマートオブジェクトとレイヤーコンプの追跡

スマートオブジェクト内のレイヤーコンプのバリエーションを保存して、各バリエーションを手動で設定する時間を節約できるようになりました。

[ウィンドウ]> [レイヤーコンプ]を選択することで、新規レイヤーカンプダイアログ、新しいコンプ選択のためのスマートオブジェクトレイヤーオプションが追加されました。

レイヤーカンプの窓、 トグルレイヤーカンプ選択のためのスマートオブジェクトのオプションが追加されました。

レイヤーカンプのウィンドウ、下部に、スマートオブジェクトのレイヤーカンプの選択を更新するオプションが追加されました。

 



新機能12.World-Ready Layoutテキストエンジンオプション

Photoshopのこのリリースでは、新しいWorld-Ready Layoutテキストエンジンオプションが導入されており、ドキュメント内のインド語、中東、および東南アジアのスクリプトに正しい単語シェーピングを提供します。

好みのテキストエンジンオプションとして設定するには、[ 編集] (Win)/ Photoshop(Mac)> [設定]> [タイプ]を選択し、[ テキストエンジンオプションの選択]で [ World-Ready Layout]を 選択します。

 

 

新機能13.ホーム画面を自動表示するための設定

環境設定では、Photoshopの起動時にホーム画面を自動的に表示するか無効にするかを選択できます。

[ 編集] (Win)/ Photoshop (Mac) > [設定]> [全般]を選択し、[ ホーム画面の自動表示]を選択または選択解除します。

 

 

新機能14.クラウドドキュメント

クラウドドキュメントは、Adobeの互換性のあるアプリで簡単に開いて編集できる、Adobeのクラウドネイティブファイルです。クラウドドキュメントを使用すると、デバイス間で作業にシームレスにアクセスできます。インターネットに接続し、アプリのホーム画面の[ クラウドドキュメント ]タブからPSDを開き、中断した場所を選択します。

クリエイティブな作品をクラウドドキュメントとして保存すると、次のような特別なメリットがあります。

  1. デバイス間でファイルにシームレスにアクセス:デスクトップ、ノートパソコン、iPadのPhotoshop、Adobe FrescoのPhotoshopのどこからでも作業にアクセスできます。仕事はどこにいてもクラウドに安全に保存されます。
  2. 製品全体で1つのファイルを使用する:デスクトップ上のPhotoshopでクラウドドキュメントを作成し、Adobe FrescoまたはiPad上のPhotoshopで作業します。またはその逆。
  3. ファイルを最新かつ安全に保つ:クラウドドキュメントは最新バージョンを自動的に保存します。つまり、デスクトップに座っているときでも、ソファに座っているときでも、デバイス全体で中断したところから再開できます。
  4. オフライン作業:インターネットに再接続すると、オフラインバージョンが自動的に同期されます。デスクトップ上のPhotoshopの場合、オフライン作業は以前のバージョンから変更されていません。

クラウドドキュメント、Creative Cloudファイル、およびその他の同期ファイルは、メンバーシップに含まれるCreative Cloudサービスの一部であり、Creative Cloudストレージの割り当てにカウントされます。

 

 



ついに発表された、Photoshop CC 2020変更点

変更点1.プリセットの改善

Photoshopの最新リリースでまったく新しい体験をもたらすために、プリセットが再考されました。

  • メニューバーから、[ウィンドウ]> [スウォッチ]、[ グラデーション]、[ パターン]、[ 形状]、または[ スタイル]に移動します。
  • グラデーション、パターン、形状、スタイルなどの新しい最新のデフォルトプリセット。
  • グラデーション、パターン、および形状専用のパネル。
  • プリセットをグループに整理して管理する機能。プリセットをドラッグして移動するだけで、パネル内で並べ替えたり並べ替えたりできます。
  • グラデーション、パターン、スウォッチ、およびスタイルをプリセットパネルからキャンバスにドラッグする機能。
  • プリセットをクリックしてさまざまな外観を試すと、キャンバス上のライブプレビューが表示されます。
  • コンテキストパネルメニューから[ レガシープリセット ]オプションを有効にすると、使い慣れたレガシープリセットに引き続きアクセスできます。

 

 

変更点2.プロパティパネルの改善

プロパティ ]パネルでは、複数のパネルやダイアログを操作しなくても、DocumentPixel Layer、およびType Layerプロパティのコントロールを簡単に見つけることができます。

プロパティは、選択したコンテンツのコンテキストに応じて表示されます。

新しいクイックアクション  は、一般的なタスクも高速化します。

たとえば、1回クリックするだけで、背景を削除したり、ピクセルレイヤープロパティパネルで対象を選択したり、テキストレイヤーをすばやくフレームまたはシェイプに変換したりできます。

 

 

変更点3.New Documentダイアログのパフォーマンスの改善

Photoshopのリリースで改善が加えられ、新しいドキュメントダイアログ([ファイル ] > [新規 ] )がほぼ瞬時に開くようになりました。

 

 

変更点4.レンズブラーのパフォーマンスの向上

レンズブラーの改善により、カメラでキャプチャされた画像の深度情報をさらに活用できます。

焦点を設定して、画像内で何をぼかし、焦点を合わせたいかを選択できるようになりました。

GPUの改善により、レンズブラーフィルターを適用する際のパフォーマンスも向上します。

 



変更点5.ドキュメントタブの改善

このリリースには新しい「その他を閉じる」オプションがあり、現在のドキュメント以外の開いているすべてのドキュメント(ウィンドウ、フローティング、またはドッキング)を閉じることができます。

このオプションには、次の方法でアクセスできます。

  • メニューバーから、[ファイル]> [その他を閉じる]を選択します
  • ドキュメントタブを右クリック(Win)/ Control キーを押しながらクリック(Mac)し、コンテキストメニューから「その他閉じる」を選択します。
  • キーボードショートカットを使用します。
    • 勝利:Ctrl + Alt + P
    • Mac:Command + Option + P

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!