AdobeがiPad版 Photoshopを正式リリース!【機能などまとめ】

photoshop

AdobeがiPad版 Photoshopを正式リリース!【機能などまとめ】

2019年11月04日 17:01 

AdobeがiPad版 Photoshopを正式リリース!【機能などまとめ】

こんばんは!社員Aです👩

今回は、AdobeからiPad版Photoshopがリリースされたので、機能などをまとめていきたいと思います。

 



 

AdobeがiPad版 Photoshopを正式リリース!

11月4日AdobeからiPad版 Photoshopアプリの正式版がリリースされました。

ついにiPadでもPhotoshopを使えるようになります。

今回リリースされた最初のバージョンでは、Apple Pencilやタッチでの作業に最適化した合成ツールとレタッチツールを揃えており、

今後のリリースでは、

  1. ブラシ
  2. マスキング
  3. 境界線の調整
  4. 被写体の選択

など、Photoshopの高度なツールが用意されます。

Creative Cloudのブラシやフォントも簡単に利用できるようになります。

 

 



PSD機能をそのまま制作

レタッチや合成、スポット修復、描画モードなど、使い慣れたPhotoshopの機能をiPadでも使って制作できます。

パソコンで保存したレイヤー構造も、解像度も全て同じ。iPadでも、デスクトップと全く同じ品質のPSDを出力できます。

 

 

おなじみのツールを指先で操作

デスクトップ版と同じように、レイヤースタックやツールバーのツールを使用できます。

スワイプ、ピンチ、タップ、手書きなど、これまで以上に直感的な作業が可能です。

UIは、状況に応じてよく使う必要なツールとパネルだけが表示されるため、常に整理された状態でカンバスに集中できます。

 

 



どこでも作業可能

デバイス間のPSD同期は簡単に維持されます。

作業中のファイルは自動的にアドビのクラウドストレージに保存されるため、Photoshopさえあればどこからでもアクセスできます。

 

 

合成とレタッチ

クイック選択ツール、なげなわツール、ぼかしなどの高度な選択オプションを使用して、正確に選択します。

ペイントブラシを使用し、画像の特定の部分をマスキングして、精密に合成作業をおこなえます。

画像の編集や加工、不要な要素の除去には、スポット修復ツールやコピースタンプなどの機能を使用できます。

 

 

対応デバイス

  1. iPad Pro(Wi-Fi、Wi-Fiとセルラー)
  2. iPad Pro(12.9インチ)および第2世代
  3. iPad Pro(10.5インチ)
  4.  iPad Pro(9.7インチ)
  5. iPad第5世代
  6. iPad Mini 4
  7. iPad Air 2
  8. Apple Pencil(第2世代)
  9. Apple Pencil(第1世代)

 

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!