Google Fontsに追加された日本語フォントが魅力的すぎる!

フォント

Google Fontsに追加された日本語フォントが魅力的すぎる!

2018年09月05日 21:30 2018年09月16日

Google Fontsに追加された日本語フォントが魅力的すぎる!

こんばんは!社員Aです👩

最近圧力鍋を手に入れ、カレーを作ったのですが、豚肉も野菜もとろっとろの某カレー店のような味わいになったので、圧力鍋の凄さを痛感しています。

圧力鍋があれば、帰宅後でもすぐに煮物が作れたりご飯が炊けたりするのでとても重宝しています。

 

さて、本日はGoogleFontsにひっそりと日本語フォントが出ていましたので、ご紹介していきます!



早期アクセスだけでなく、正式に日本語WEBフォントが登場!

いままでは、Google早期アクセスで「Notosans」や「はんなり明朝」などのWEBフォントが使えていましたが、ついにGoogleFontsにも日本語WEBフォントが正式に登場しました!

これからも増えてくれれば、デバイスに限らずデザインの幅が広がるのでとっても楽しみです。

さて、どんなフォントが増えたのか見ていきましょう!

 

さわらびゴシック

さわらびゴシックは、クリエイティブコモンズライセンスで配布している日本語ゴシック体フォントです。

Google Fontsで見る

 

さわらび明朝

さわらびフォントは、フリーなライセンスで提供している日本語フォントです。現在、ゴシック体のさわらびゴシックと明朝体のさわらび明朝の 2 種類のフォントを公開しています。

Google Fontsで見る

 

Noto Sans JP

このブログのベースフォントとしても使用している「Noto Sans JP」。かなも漢字も英数字もクセがなくて使いやすいフォントです。

Google Fontsで見る

 

Noto Serif JP

やっと!Noto Serifが出ました。今までGoogle Fonts 早期アクセスで漢字まで使える明朝系は「さわらび明朝」のみでしたが、Noto Serif JPはクセが少なく、きれいなノーマルな明朝体という感じでどんなサイトでも活用できそうです。

Google Fontsで見る



小杉ゴシック

ノーマルなゴシック体ですね。Noto sansと合わせて使えそうです。

Google Fontsで見る

 

小杉丸ゴシック

小杉ゴシックの丸ゴシックバーションです。今まで丸ゴシックはGoogle Fonts早期アクセスで「M PLUS 1p」があったのですが、こちらのフォントは丸みがかなりあるため、可愛らしくなりすぎてしまうのが悩みでしたが、こちらの小杉丸ゴシックは幅広く使えそうです。

Google Fontsで見る

 

M PLUS 1p

M+ Web Fonts Projectはフリーな日本語フォントであるM+ FONTSをWebフォント化したものです。

Google Fontsで見る

 

M PLUS Rounded 1c

M+ OUTLINE FONTS をもとに、形状を加工する処理を施して丸ゴシックにした日本語アウトラインフォントで、M+ OUTLINE FONTS 由来の高い品質、豊富な 7 つのウエイト (文字の太さ) 、制約のない自由なライセンスが特長です。

Google Fontsで見る

 

まとめ

少し前までは、閲覧するユーザー端末にフォントが入っていないと標準フォントで表示されるのが普通でした。

それからWEBフォントが少しずつ主流になり、GoogleFonts早期アクセスが発表されてからは瞬く間にWEB業界に浸透していきました。

今回さらに進化し、新しいフォントも加わりGoogleFontsの日本語フォントが強化されました。

明朝体や丸ゴシックなど、従来は画像で表示することでしか対応できなかった箇所もWEBフォントを使えばどの端末からも同じフォントで出力することができ、SEOの面でも有利になります。

新しくデビューした上記のフォントを使って、ぜひデザインの幅を広げましょう!

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。日本語力が乏しく…社内のみんなからも指摘をされるので、ブログの執筆を通じて語彙力強化していきたいです✨ 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物がすきな皆さま、小動物トークしましょう!