【厳選】クオリティの高い歯医者のWEBサイト17選【まとめ】

Web制作

【厳選】クオリティの高い歯医者のWEBサイト17選【まとめ】

2018年09月02日 17:00 2018年09月13日

【厳選】クオリティの高い歯医者のWEBサイト17選【まとめ】

こんばんは!

社員旅行(タイ)を1ヶ月後に控え、社内でも現地の観光スポットをピックアップしたりして、とても楽しみです!

(去年の台湾旅行では見事に寝坊してしまったため、今年は目覚ましを2個掛けて挑みたいと思います。)

Googleのマイマップで共有すれば、各スポットの距離感なども視覚的に分かり、とても便利です🌟



 

さて、本日は歯医者のWEBサイトをまとめてみました。弊社でも歯医者さんからのWEB制作をご依頼いただくことが多くなったのですが、最近の歯医者さんは内装や外観だけでなく、ホームページもクオリティが高いものが多いですね。

私は街でおしゃれな歯医者さんを見つけると、つい「ホームページはどんなデザインなのだろう?」と思ってその場でググってしまいます。

今回はそんな高クオリティのサイトが多く見られる歯医者に業種を絞って、まとめてみました。ご覧ください!

おかもと歯科医院

大阪吹田市にある歯科医院。シンプルながら洗練されたミニマリストなデザインが、トレンド感を感じさせてくれます。

 

歯科・矯正歯科いまむら

余白をバランスよく使い、とても居心地の良いサイトデザインです。院内のイメージとマッチしており、信頼感があります。

 

きたざわファミリー歯科

「ファミリー歯科」なので、色使いもパステルを基調としたやわらかい色をチョイスし、やさしい雰囲気に仕上がっているのが素敵だと思いました。

トップページのクリニックの特徴の部分も歯車のアニメーションが可愛らしく、目を引きつけられます。

 

歯科・エメラルド茅ヶ崎

メインビジュアルに暖かい雰囲気の院内写真を使っており、そこからスクロールしていくと次々にアニメーションで「診療内容」や「特徴」がふわっと表示されます。

下層ページのメインビジュアル部分のゆるい曲線も、院内のやわらかい雰囲気を醸し出していて素敵ですね!



いのうえ矯正歯科

こちらも余白をバランスよく使ったミニマリストなデザインです。個人的には、下層ページの治療の流れなど雑誌のようなレイアウトでとっても可愛らしいです。

 

なかやま矯正歯科

左サイドにグローバルが固定された、最近よく見かけるデザインです。イラストと写真がバランスよく使われています。また、下層ページでは写真を多く使っているのですが、ごちゃごちゃ見せないすっきりとしたレイアウト配置がとても勉強になります。

 

よねしま歯科・矯正歯科

イラストを含めところどころに遊び心を感じるサイトです。下層ページではノングリッドデザインが随所に見受けられます。イエローとグリーンを基調にしていますが、その2つの色が主張しすぎずバランスよくまとまっているのが素敵です。

 

きらめきデンタルランド

スクロールアニメーションやカーソルの動きに合わせたアニメーションなど細部まで遊び心満載!これだけの情報量をインパクトを持たせたまま、なおかつ読みやすくまとめているのがすごいですね。

 

きふね歯科

高品質な写真をより美しく見せるために、背景や文字は最低限の装飾になっています。写真が際立っているのももちろんですが、サイズ感などのバランスも美しく、見惚れてしまいます。

 

セキハタ歯科医院

スクロールしていくとバックにうっすらとグリッドがあるのがわかるのですが、このグリッドがデザインを引き立ててくれています。診療システムについても、写真と文字を半分ずつのレイアウトになっており、交互にアニメーションされるので、つい読みたくなっていまいますね!



よしおか歯科こども歯科

スクロールするごとにパララックスアニメーションが表示されますが、その時に写真ににっこりと笑ったゆるいイラストが重なるのが遊び心があって可愛らしいです!歯を治療することの先には「笑顔」があるというような理由をこのようなデザインで表現するのがすごいです。

 

ヤスダデンタルクリニックウエスト

院内が木をつかったような温かみのある内装で、そのイメージを写真と色で最大限に引き出せているのがとても勉強になります。トップから下層に至るまで可読性の高さも感じます。

 

いろどり歯科・こども歯科室

端から端までフルサイズ画面をふんだんに使い、装飾や色使いなどもまるで雑誌のようなポップなデザインですが、全体的に洗練されていて、どうしてこんなに素敵なデザインができるのか…とても尊敬します。

細部のパーツの角度まで、どこを取って見ても絶妙なバランスでサイトをパラっと流し見したときでも、スクロールを止めて読んでしまうほどの魅力があります。

 

いけだ歯科クリニック

サイト全体の斜めのレイアウトがスタイリッシュさを助長させ、シンプルなデザインながら信頼感のあるデザインです。

 

みらいデンタルクリニック

年代問わず家族でかかりつけできるようなやさしい雰囲気のサイトです。にじいろのようなたくさんの色を使っているのに、全体の配色のバランスが絶妙で、なおかつ可読性も意識したデザインがすごいなと思いました。

 

中通辰川歯科医院

スクロールするたびノングリットデザインが見られるんですが、統一感があり院内の特徴はもちろん、自分の求めている情報への動線も優れているのがすごいです。

 

あゆみインプラントセンター

これだけの情報量を読みやすく、なおかつ見つけやすくまとまっているのがものすごく勉強になります。また、ところどころで使われている斜めのカットが、治療のスタイリッシュさを助長させてくれている気がします。

 

まとめ

歯医者のサイトを制作するときは、かなりの数のサイト(100単位)で検索します。

歯医者は他の業種と比べても内容量が多く、なおかつ競合が多いため、いかにわかりやすく内容をまとめ、そしてそれをどのように興味を持って読んでいただくかということを考えながら作るため、私の中では難易度が高い業種です。

そのため、自分の中の知識だけで作り始めるのではなく、自分にないデザインセンスやノウハウを見ることで、「なぜこのサイトはこのような構成やレイアウトで作っているのか」を考えることができます。

さらに今年の6月からの医療広告ガイドラインの改定に伴い、ホームページに使える表現などにも制限があるため、デザイナー自身のセンスだけでなく知識量も問われます。

そういう意味では、WEBデザイナーは業種に限らず常にアンテナを貼りながら、時代に合わせた情報をピックアップしていかなければなりません。そして自分自身で勉強したことのアウトプットと持ち合わせたセンスが融合することで、本当に良いものが出来るのだと思っています。

もしおすすめのサイトなどご存知でしたら、ぜひコメントを残していっていただけると嬉しいです!

 

▼こちらもおすすめ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!