Google Fontsの日本語フォントが新たに4種追加!

         

Web制作

Google Fontsの日本語フォントが新たに4種追加!

2021年04月26日 8:00 

Google Fontsの日本語フォントが新たに4種追加!

こんにちは、hgmです。

今回はGoogle Fontsの新フォント4種について調べてみました。

前回ご紹介した記事は下記でチェックできますので、まだご覧になっていない方は見てみてくださいね 🙂



Dela Gothic One(デラゴシック)

あらたかなさん提供の極太ゴシックフォント。
フォントウェイトは400(Regular)のみ。

とてもインパクトがあり、キャッチコピーに使うと良さそうです!

 

 

Kiwi Maru(キウイ丸)

Kiwi-KawagotoKajiruさん提供のゴシックフォント。
フォントウェイトは300(Light)、400(Regular)、500(Medium)の3種で、使いやすそうです!

丸みをおびており、優しい印象のあるフォントですね!系統は筑紫A丸ゴシックに似ている気がします。



New Tegomin(ニューテゴミン)

ながまきさん提供の明朝体フォント。
フォントウェイトは400(Regular)のみ。

手書き風ですが見やすくすっきりとしていて、文章に使用しても良さそうです。

 

Train One(トレイン)

フォントワークスさん提供のゴシックフォント。
フォントウェイトは400(Regular)のみ。

二重線のフォントでインパクトがありますね!

文章ではなく、キャッチコピーやタイトルなどの使用がおすすめだそうです。

トレインは、二重ラインと袋文字で構成されたゴシック体ベースのデザインフォントです。タイトルやロゴなど大きめの文字で使用するのがおすすめです。

 

 

まとめ

今回も印象の強いフォントが追加されていましたね!

今までは画像で書き出すかサーバーにフォントをアップするかで対応していましたが、Google Fontsで簡単にWEBフォントを使用できるのでとても助かります・・!

また新フォントが出たら紹介させていただければと思います。

関連記事

この記事を書いた人

アバター

hgm

農業高校出身フロントエンドエンジニアの社員hgmです。 猫センサー搭載済みの愛猫家。 広い視野を持って日々邁進していきます!