「.webP」ファイルを「.jpg」ファイルで簡単ダウンロードするChrome拡張機能「Save Image As Type」

         

ツール

「.webP」ファイルを「.jpg」ファイルで簡単ダウンロードするChrome拡張機能「Save Image As Type」

2020年11月14日 8:00 

「.webP」ファイルを「.jpg」ファイルで簡単ダウンロードするChrome拡張機能「Save Image As Type」

こんにちは、stoです。

仕事上、楽天ページのデザインやページ修正などよく行ったりしていますが、時に元データがなくランディングページに貼ってある画像を修正したり、貼ってある画像を使用してデザインをすることもあります。

そんな時に貼ってある画像をダウンロードした際に画像形式が「.webp」の場合があります。

この形式の場合、photoshopでは画像の編集ができないので「.webp」を「.jpg」に変換しないといけません。

 

フリーソフトで変換できますが、1回1回これを変換すると面倒なので、今回はダウンロードの際に.jpg形式を選択できるChromeの拡張機能「Save Image As Type」を紹介しようと思います。

 



「.webp」形式のファイルとは

その前に「.webp」という形式のファイルは、Googleが開発している画像フォーマットで、ファイルサイズは「.jpg」と比較して25-34%小さくなり、「.png」と比較しても28%小さくなるというメリットがあります。

なので、「.jpg」なんかよりも小さい容量で画像保存ができ、web表示が高速化できるというメリットがあります。

しかしながら、現状、対応しているアプリケーションが少なく、photoshopなどの画像エディタでも普通に編集しようとするとエラーが出て開くことができません。(プラグインなどを使うと開くことができるそうですが)

 



「Save Image As Type」の使い方

そこで画像をダウンロードする際に「.jpg」を選択してダウンロードするChromeの拡張機能「Save Image As Type」を使うと手間が省けて便利です。

 

Chromeウェブストアから「Save Image As Type」をダウンロードしてChromeに追加しましょう。

 

そうすれば右上に「Save Image As Type」のアイコンが表示されます。

 

あとはネットから画像をダウンロードする際に右クリックし「Save Image As Type」から「Save As JPEG…」を選ぶだけで「.jpg」形式でダウンロードできます。

 

以上で、簡単に「.jpg」形式でダウンロードできる「Save Image As Type」の紹介でした。

 

 

 

関連記事

この記事を書いた人

アバター

sto