WordPressでWebPファイルをアップロードする方法【簡単】

         

Wordpress

WordPressでWebPファイルをアップロードする方法【簡単】

2020年07月07日 8:00 

WordPressでWebPファイルをアップロードする方法【簡単】

おはようございます!社員Aです。

今回は次世代の画像拡張子ともいわれている「WebP」をWordPressにアップロードする方法をご紹介します。

 



 

こちらもおすすめ

 

WebPとは何か

WebPとは、Googleが新たに開発した次世代の画像フォーマットで「test.jpg」のように「test.webp」の拡張子になります。

ウェブサイトのトラフィック量軽減と表示速度短縮を目的としていて、今後JpegやPngに代わって主流になると言われています。

そのため、まだ対応していないブラウザ(Safari・IE)もありますが、今後要チェックのフォーマットです。

 

WordPressはWebPファイルのアップロードに対応していません。

今回はこのWebPファイルをWordPressにアップロードする方法をご紹介したいと思います。

 

 

方法1.プラグイン「WebP Express」を使用する

一番手っ取り早いのは、WebPファイルをアップロード可能にしてくれるプラグイン「WebP Express」を使用する方法です。

下記の手順で設定できます。

 

1.プラグインのインストール・有効化

プラグインの新規追加から「WebP Express」を検索し、インストール・有効化します。

 

2.設定は必要なし!

プラグインを有効化するだけで、WebPがアップロードできるようになります。

有効化後の設定などは、特段必要ありませんがオプションで設定することもできます。

 

 



方法2.functions.phpに追記する

プラグインを無駄にインストールしたくないという方はこちらの方法がおすすめです。

function.phpにメディアライブラリーへのアップロードを許可するファイル形式を追記するやり方です。

 

1.function.phpに下記を追記する

 

2.WebPをアップロード

function.phpに追記すると、メディアでWebPファイルをアップロードできるようになります。

 

 

まとめ

今後jpgやpngに代わって主流になると言われているWebP。

日本ではまだまだ浸透していませんが、今後の自分のために備忘録として書いてみました。

WebPをアップしたいけどできない!という方は是非試してみてください!

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

入社6年目。フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。 一人旅が好きで、主に東南アジアを周っています。旅行が好きな方、おすすめスポットがあればぜひ教えて下さい!