2019年7月からBetter Ads Standardsに違反した広告がブロック!

ブラウザ

2019年7月からBetter Ads Standardsに違反した広告がブロック!

2019年02月04日 8:00 

2019年7月からBetter Ads Standardsに違反した広告がブロック!

おはようございます!社員Aです👩

今回は、2019年7月からBetter Ads Standardsに違反した広告がブロックされるとのことで、何がどのように変わるのか詳しくまとめていきたいと思います。



 

Better Ads Standardsについて

Better Ads Standardsとは、ユーザーが特に不快に感じると業界で特定された広告に関する問題を集めたもののことで、これに違反している広告を識別するために作成されました。

パソコンでもスマートフォンでもブラウザで不快に感じる広告に遭遇したことがあるかもしれません。

このようなユーザーに対して迷惑と感じる広告を表示することを防ぐために、制定されているものです。

 

2019年7月からBetter Ads Standardsに違反した広告がブロック!

アメリカ、カナダ、ヨーロッパのChromeではすでに、Better Ads Standardsに違反した広告をブロックする機能が試験的に実装されています。

2019年1月1日の時点で、かつてBetter Ads Standardsに準拠していなかったすべてのサイト運営者の3分の2が現在改善をしており、さらに、これまでに確認した何百万ものサイトのうち、1%未満が広告をフィルタリングしています。

日本でも、2019年7月からBetter Ads Standardsに違反した広告がブロックされる予定になっています。

広告に関する問題は、サイトのレイアウトと動作、ユーザーに表示されるコンテンツと広告のすべてが対象です。ページに入稿されるクリエイティブが直接問題となる場合(例: 音声付きの自動再生動画広告)と、サイト上での広告の組み込み方法によって問題となる場合(例: モバイル端末での広告の占有率が高い場合)があります。

 



どのような広告がブロックの対象になるのか

実際にこの取り組みにより、どのような広告がブロックされるのかまとめてみました。

デスクトップWeb

ポップアップ広告

一番良く見かける広告かもしれません。サイトに入った途端にポップアップ形式で表示される広告です。

音声付き動画広告を自動再生する

ユーザーの操作なしで音声を再生します。

カウントダウン付きプレスティシャル広告

「カウントダウン」広告は、ページのコンテンツが読み込まれる前に表示されるため、ユーザーは広告を閉じることができるようになるまで、または広告が自動的に閉じることができるようになるまで数秒間待つ必要があります。

これらの広告は、カウントダウンが終わるのを待たずにコンテンツへの継続を妨げるような方法でユーザーを混乱させる可能性があります。

大規模なスティッキー広告

大きなスティッキー広告は、ユーザーがスクロールしようとしているかどうかにかかわらず、ページの下端に固定されます。ユーザーがページを閲覧すると、この静的で動かないスティッキー広告が画面の不動産の30%以上を占めます。

ラージスティッキー広告は、ユーザーがページ上のどこに移動したかにかかわらず、ページビューの一部を妨害し続けることによって妨げとなる効果をもたらします。

 

モバイルWeb

ポップアップ広告

一番良く見かける広告かもしれません。サイトに入った途端にポップアップ形式で表示される広告です。

プレスティシャル広告

モバイルプレスティシャル広告は、コンテンツが読み込まれる前にモバイルページに表示されるため、ユーザーは検索したコンテンツにアクセスできなくなります。

これらのポップアップのサイズは、フルスクリーンからスクリーンの一部までさまざまです。また、ユーザーがメインコンテンツにアクセスできないようにするためのスタンドアロンページとして表示されることもあります。

広告密度が30%を超える

ページの縦の高さの30%以上を占める広告。広告密度は、モバイルページのメインコンテンツ部分内のすべての広告の高さを合計し、次にページのメインコンテンツ部分の高さの合計で割ることによって決定されます。

  • 広告密度は、ビューポートではなく、ページのメインコンテンツ部分に対して測定されます。
  • ページのメインコンテンツ部分には、関連記事を含むヘッダー、フッター、サイトナビゲーションは含まれません
  • ページのメインコンテンツ部分の下にある広告は密度の計算に含まれません。
  • 「スティッキー」広告やインライン広告など、すべての広告フォーマットが広告密度に基づいてカウントされます。各「スティッキー」広告の高さは、この計算の目的で1回カウントされます。
  • ページ自体のコンテンツに関連する動画コンテンツの前( “プレロール”)または途中( “ミッドロール”)に表示される動画広告は測定に含まれません。
アニメーション広告の点滅

急速に変化する背景、テキスト、または色でアニメーション化および「点滅」する広告は、消費者にとって非常に悪化しており、特定のページのコンテンツを読み込もうとすると、ユーザーにとって深刻な気を散らすものとなります。

音声付き動画広告の自動再生

音声付きの動画広告を自動再生すると、ユーザーの操作なしで音声付きで自動的に再生されます。

カウントダウン付きのPostitial広告

ユーザーがリンクをたどった後に、カウントダウンタイマー付きのポスト広告が表示されます。これらの広告は、ユーザーが広告を却下するか、広告を閉じたり別のページにリダイレクトしたりすることができるようになるまで数秒間待つことをユーザーに強制します。

全画面スクロール広告

フルスクリーンスクロールオーバー広告では、ユーザーはコンテンツの上に表示される広告をスクロールする必要があります。

これらの広告はページの30%以上を占め、ページのメインコンテンツの上に浮かんで見えないようにしています。消費者が閲覧しようとしているコンテンツを不明瞭にするので、結果はユーザーにとって混乱を招く可能性があります。

大規模なスティッキー広告

大きなスティッキー広告は、ユーザーがスクロールしようとしているかどうかにかかわらず、モバイルページの横に貼り付けられます。ユーザーがページを閲覧すると、この静的で動かないスティッキー広告が画面の不動産の30%以上を占めます。

 



自分のサイトが違反しているかどうか、調べる方法

Googleの「広告に関する問題レポート」では、サイトが Better Ads Standards に違反しているかどうかを確認できます。違反が見つかった場合は、問題を修正したうえで審査をリクエストします。

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!