まるで一眼レフ!? プロ並みに撮れるiPhone・Androidカメラアプリ5選【無料】

アプリ

まるで一眼レフ!? プロ並みに撮れるiPhone・Androidカメラアプリ5選【無料】

2018年12月19日 8:00 

まるで一眼レフ!? プロ並みに撮れるiPhone・Androidカメラアプリ5選【無料】

おはようございます!社員Aです👩

今回はスマホさえあれば、プロ並みに撮れるiPhone・Androidカメラアプリをご紹介したいと思います。

「インスタ映え」という言葉が流行になるほど、日常でスマホのカメラを使う機会が多くなりました。年々、ユーザーの撮影する写真のクオリティが高くなっているのは、機能の向上はもちろんのこと、今回ご紹介するようなアプリも欠かせないと思いますので是非ご覧ください!



 

Foodie

iPhone対応Android対応

カメラアプリと言えば「Foodie」と言われるほど、使っているユーザーが多いアプリです。私の周りでも、ヘビーユーザーが多いです。

もともとは名前の通り食べ物を美しく写してくれることで話題になりましたが、食べ物だけでなく日常生活のあらゆるシーンを美しく撮ってくれる神アプリです。(笑)

お花見に行ったときもプロかと思うほど桜が美しく撮れました。

 

食べ物の写真に特化した30種類以上のライブフィルター

おいしく、ポジターノ、スパークリング、ピクニック、スウィート、フレッシュ、ニクニク、ロマンティック、サクサク、もちもちなどのフィルターが利用できます。

タイに社員旅行に行ったときにも、現地の料理をライブフィルターを使って撮影しましたが、見たままの料理の美しさを写真でも再現してくれました。

 

“真上撮り”をサポートしてくれる「ベストアングル機能」

卓上の食べ物に対してカメラが0°の水平になっているかということを色で知らせてくれるので、簡単に“真上撮り”をすることができます。

インスタグラムでも、美味しそうだなと思った料理は真上撮りされていることが多いのですが、標準のスマホカメラでこれをキレイに撮ろうとすると、角度でかなり苦戦します。

そんなときも「ベストアングル機能」で水平に撮ることができます。

 

プロのような仕上がりを実現する「アウトフォーカス機能」

自動的に被写体を認識し食べ物以外の部分にぼかしをかけることで、まるで一眼レフカメラで撮影したかのような写真に仕上げてくれます。

最近のiPhoneはポートレート撮影機能がサポートされましたが、ポートレート機能がなくても「Foodie」があれば、簡単にぼかしをかけることができます。

 

暗い場所でも撮影も可能にする「明るさ調整機能」「トーチ機能」

写真を撮影する際に、手動で写真を明るくしたり暗くしたりすることができます。

また、ライトを常時点灯させることもできるので暗い場所での撮影も可能です。

※明るさは40段階(-2.0~+2.0)での調整が可能です。

 

 



VSCO

iPhone対応Android対応

クリエイターによるクリエイターのためのカメラアプリ「VSCO」は、シンプルなのに使い勝手がよく高性能で人気です。

フィルタが10個と加工フィルタが19種類用意されており、シーンに合わせた加工が簡単にできるのも魅力です。

 

編集を「レシピ」として保存

「VSCO」が支持されているのは、自分の加工や編集設定を「レシピ」として保存できるところにあります。

InstagramやSNSに写真をアップするとき、統一感を出すためにフィルターや加工方法を統一されている方が多いと思うのですが、撮影するたびに1から設定することなく気に入った編集機能を「レシピ」として保存しておき、ワンタッチで自分好みの加工にできるのが、人気の理由です。

 

 



Huji Cam

iPhone対応Android対応

写ルンですのようなレトロな写真が撮れることで話題になった「Huji Cam」。

このカメラアプリを使うだけで、簡単に1998年風の写真を撮ることができます。

 

フィルムカメラで撮影したような写真を楽しめる

カメラがデジタルになり、誰でも高画質な写真が撮れるようになったのは時代の進歩だなと思いますが、フィルムカメラで撮る写真はiPhoneやデジカメでは実現できない、味がありますよね。

「Huji Cam」を使うと簡単にフィルムカメラ風の写真を撮影できます。

 

 



StageCameraHD

iPhone対応

iOSの最新の技術を採用し、高画質な写真とビデオが撮影できます。

写真解像度はiPhone標準カメラと同等の4032*3024をサポートしています。

 

無音で撮影できるのが最大のメリット!

「StageCameraHD」は、シャッター音が気になる場所や静かな場所でもマナーよく撮影できる無音カメラとして人気です。

無音で撮影できるのに、高画質で撮影できると話題です。

機能一覧
  • 写真撮影(高解像度対応)
  • 写真撮影でセルフタイマー撮影
  • 写真撮影で連続撮影モード
  • 写真撮影で通常、フルスクリーン、スクエアサイズ 写真撮影でグリッド線表示
  • 写真撮影で位置情報付加の有/無切替
  • 写真撮影で日時の焼付け
  • ビデオ撮影(フルHD対応)
  • リモートシャッター(単独撮影のみ)
  • 3D Touch対応(ホームアイコンからの起動・プレビュー表示)
  • プレビュー画面からの削除・メール送信・他のアプリで開く
  • リアルタイムズーム
  • 連続オートフォーカス
  • 手振れ補正
  • フォーカスロック・ 露出ロック(AE) 露出補正

 



BlackCam

iPhone対応Android対応

BlackCam は、ライブビューを使って美しいモノクロ写真を撮影できるアプリです。

落ち着いた、上品な写真を取りたいときや逆にインパクトを出したいときにも重宝するカメラアプリです。

 

特徴や機能

  • カンタン操作
  • 多彩なカラーレンズフィルターを搭載
  • プロ用コンバージョンレンズ・セットフィルターを用意
  • 各フィルターのライブビュー可能
  • ライブビュー対応のコントラスト、輝度、露光スライダー
  • フィルム粒子のシミュレート
  • 黒ヴィネッティングの追加
  • EXIF アーティスト クレジットのカスタム入力
  • Instagram、Twitter、Facebook、メールに写真をエクスポート
  • フル解像度での画像出力
  • 既存の写真に対してモノクロフィルターを適用

 

 

まとめ

数え切れないほどあるカメラアプリの中から、本当に使える5つだけを厳選しました!

「レトロ感」や「モノクロ」「静音」などシーンに合わせて使えるものだけでなく、やはり加工のクオリティの高さに驚きました。

スマホのカメラをもっと活用したい!クオリティの高い写真が撮りたい!という方はぜひお試しください!

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!