現役デザイナーが選ぶトレンドGoogle fonts15選【2019年】

フォント

現役デザイナーが選ぶトレンドGoogle fonts15選【2019年】

2018年12月13日 8:00 

現役デザイナーが選ぶトレンドGoogle fonts15選【2019年】

おはようございます!社員Aです👩

今回は現役デザイナーが選ぶトレンドGoogle fonts15選をご紹介します。

簡単に導入できるGoogle Fontsですが今回ご紹介する15個のフォントはサイトに取り入れるだけで、インパクトを与えてくれること間違いなしです。

Google Fontsでは、ユーザーのプライバシーやセキュリティを損なうことなく、安全にフォントをキャッシュすることで、製品やWebページの処理速度が向上します。

Googleのクロスサイトキャッシングは、ウェブサイトでフォントを一度読み込むだけで、Googleフォントを使用する他のウェブサイトで同じキャッシュフォントを使用するように設計されています。



 

Playfair Display

Playfair Displayは、過渡的なデザインです。

18世紀後半のヨーロッパの啓蒙主義では、幅広いペン先のペン先が、その日の人気の筆記具として尖ったペンに置き換えられました。

印刷技術、インク、製紙業の発展とともに、文章の文章からますます切り離された高コントラストで繊細なヘアラインの文字を印刷するようになりました。

 

Quattrocento

Quattrocento Romanの書体はクラシック、エレガント、ソーバー、ストロングの書体です。

それらの幅広く開いた文字の書式、そして偉大なx-heightは、小さなサイズで本文のテキストを見やすくします。そして、より大きなサイズでしか見えない小さな細部は、ディスプレイ用途にも最適です。

 

Open Sans

Open SansはAscender Corp.のタイプディレクターSteve Mattesonがデザインしたヒューマニストのサンセリフの書体です。

標準のISO Latin 1、Latin CE、Greek、およびKyrillic文字セットを含む完全な897文字セットが含まれています。

Open Sansは、直立したストレス、オープンな形、中立でしかもフレンドリーな外観で設計されています。プリント、ウェブ、およびモバイルインタフェース用に最適化されており、文字の形態で優れた読みやすさの特性を備えています。

 

Alfa Slab One

Alfa Slab Oneは、1921年にThorowgood FoundryのRobert Shorneによって作成されたSix Line Pica Egyptianを現代的に取り入れたものです。

最初はそのモデルに基づいていましたが、Alfa Slab Oneは極端な茎重量、大きなセリフ、単一のセリフを備えた漸進的な端末。これらのすべての属性は、Alfa Slab Oneに極端な黒の密度を持つ現代的な外観を与えます。

 

Nixie One

このフォントは、ネオンチューブのサインとタイプライターを混合したものです。

 

Julius Sans One

Julius Sans Oneは、チリ型のファウンドリLatinoTypeのサンセリフ書体です。

 

Oswald

オズワルドは、「代替ゴシック」サンセリフの書体によって歴史的に表現されている古典的なスタイルを改作したものです。

Oswaldのキャラクターは、最初に標準のデジタルスクリーンのピクセルグリッドに合うように再描画され、改造されました。

Oswaldは、デスクトップコンピュータ、ラップトップ、モバイル機器のWebブラウザでインターネット上で自由に使用できるように設計されています。

 

Mr De Haviland

チャールズBluemleinスクリプトコレクションは、米国の手紙と書道の面影の日の興味深い思い出させるものです。

 

Old Standard TT

オールドスタンダードは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて様々なエディションで使用されていました。現代的な(古典主義的な)スタイルのセリフフォントを再現しています。

 

Sintony

Sintonyは現代のサンセリフ書体で、やや正方形の構造と滑らかなストロークモジュレーションで描かれています。

長い文章のテキストには、どんなテキストでも落ち着いた印象を与えます。

 

Muli

Muliは、ミニマルなサンセリフです。主に表示フォントとして使用するように設計されていますが、テキストフォントとしても使用できます。

デスクトップコンピュータ、ラップトップ、モバイル機器のWebブラウザでインターネット上で自由に使用できるように設計されています。

 

Rufina

Rufinaは柔軟な先端ペンの書道に見られるBodoniフォームといくつかの書体スタイ​​ルの特徴を組み合わせています。

ハイコントラストは、テキストや見出しでうまく機能するようにします。

 

Lora

Lolaはバランスの取れた現代セリフであり、書道のルーツを持っています。本文テキストに適した適度なコントラストのテキスト書体です。

Loraで設定された段落は、セリフを駆動するのとは対照的に、ブラシ付きカーブのために思い出に残るように見えます。ロラの全体的な活字の声は、現代の物語の気分や芸術のエッセイを完璧に伝えています。

 

PT Sans

PT Sansは、プロジェクト「Public Types of Russian Federation」のために開発されました。

20世紀後半のロシアサンセリフ型を基にしていますが、同時に現代人道的なデザインの特徴を持っています。

 

Raleway

Ralewayは見出しやその他の大規模な使用を目的としたエレガントなサンセリフ書体です。

最初はMatt McInerneyによって単一の薄い重さとして設計され、2012年にはPablo ImpallariとRodrigo Fuenzalida、Igino MariniはiKernedによって9重量体に拡大されました。

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!