9月21日配信のiOS15は新機能満載!実際に何が変わった?

         

iPhone

9月21日配信のiOS15は新機能満載!実際に何が変わった?

2021年09月24日 8:00 

9月21日配信のiOS15は新機能満載!実際に何が変わった?

おはようございます!社員Aです👩

さて、今回は2020年9月21日にリリースされたiOS15の新機能についてまとめていきたいと思います!

 

前回の記事はこちら


 

iOS15は日本時間で、9月21日配信

引用:https://www.apple.com/jp/ios/ios-15/

日本時間で、9月21日からiOS 15にアップグレードできるようになりました。

対象機種についてもまとめているので、是非最後までご覧ください!

 

iOS15の新機能や強化された点など

iOS15で強化された点や新機能についてまとめていきます。

 

新機能1.集中モード

何かに没頭したい時や一息つきたい時に、気が散らないように集中モードが登場。

集中モードのオプションから選ぶだけでなく、自分専用の集中モードを作ることもできます。

また、集中モードをONにしているときは、相手に知らせることができます。

本当に緊急なメッセージは届くそうです!

 

 

新機能2.通知の新しいデザイン

連絡先の写真や、より大きなアプリアイコンなど、パッと見てわかりやすいデザインになりました。

通知が一か所に集められ、設定したスケジュールをもとに毎日届きます。

通知は優先度に合わせて並べられて、最も関連性の高いものが一番上に表示されます。

 

 

新機能3.Safariのタブバーが下部に固定

画面の一番下にあるタブバーを使えば、より簡単に指先でコントロールできます。

タブを切り替えるには、アドレスバー上で左右にスワイプします。

上にスワイプすれば、開いているすべてのタブを一覧できます。

使いにくい場合は設定から、もとの表示に戻すこともできます。

 

 

新機能4.Safariのタブグループ

タブの保存と整理ができるようになりました。タブの切り替えも簡単です。

タブグループはデバイス間で同期できるので、どこからでもタブにアクセスできます。

 

 

新機能5.Safariの音声検索

Safariの音声検索を使えば、ハンズフリーでウェブを検索できます。

タブバーのマイクボタンをタップして、話しかけるだけでとても手軽ですね。

 

 

新機能6.Safariの機能拡張

iPhoneにもSafariの機能拡張をインストールできるようになりました。

Safariユーザーはより快適に使えそうです。

 

 

新機能7.写真からテキスト認識表示

真の中でハイライトされたテキストをタップするだけで、

電話をかけたり、Eメールを送ったり、道順を調べることができるようになりました。

テキスト認識表示は、カメラアプリのライブプレビュー、写真アプリ、

スクリーンショット、クイックルック、Safari内のテキストに対応。

ハイライト、コピー&ペースト、検索はもちろん、翻訳(英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語)することもできます。

 

 

新機能8.より詳しくなったSpotlight

Spotlightを使って、より多くの情報を一目でチェックできます。

アーティスト、芸能人、テレビ番組、映画はもちろん、

連絡先に登録されている人についても一段と詳しい最新の検索結果が表示されます。

テキスト認識表示で写真に写ったテキストを検索することもできます。

 

 

新機能9.SharePlay

SharePlayではFaceTimeで話しながら、通話相手とテレビ番組や映画を観たり、

一緒に音楽を聴いたり、あなたの画面を共有できます。

 

 

新機能10.新しいミー文字

新しいミー文字ミー文字のファッションを選んで、新しいステッカーで自分を表現できます。

アクセシビリティのカスタマイズオプションには、人工内耳、酸素チューブ、ソフトヘルメットが追加されました。

 

 

新機能11.ヘルスケアのシェア

ヘルスケア共有を使うと、ヘルスケアアプリに保存されているあらゆる情報を、

家族あるいは介護者と共有できます。

共有された相手は、歩行やアクティビティのデータ、トレンドなどを簡単にチェックできます。

離れた家族の健康管理にも活用できそうですね。

 

 

新機能12.ヘルスケアのトレンド分析

トレンド分析によって、心拍数、呼吸数など健康に関する指標が

時間の経過に合わせてどのように変化しているかを見ることができます。

新しいトレンドが検出された時に通知を受け取ることもできます。

 

 

新機能13.ヘルスケアで睡眠時呼吸数も分析できる

Apple Watchを身につけていると、体に取り込まれた酸素のレベル、心拍数、睡眠時間など、

眠っている間の様々な指標を測定できます。

また、睡眠時呼吸数もわかります。

 

 

新機能14.iCloud+

すでに愛用しているiCloudの全機能に加えて、

iCloudプライベートリレーや「メールを非公開」などの新しい機能が使えるようになりました。

 

 

新機能15.マップ

道路、近くのエリア、木々、建物などの情報を、さらに詳しくチェックしながら使えるように。

公共交通機関の情報を取り込んで、最寄りの駅や所要時間を表示。

お気に入りの経路をピンで固定することもできます。

降りる場所が近くなると、マップアプリがお知らせするので安心です。

 

 



対象機種

iOS15のアップデート対象機種は下記のとおりです。

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone Xs
  • iPhone Xs Max
  • iPhone Xr
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

関連記事

この記事を書いた人

社員A

入社7年目。フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。 一人旅が好きで、主に東南アジアを周っています。旅行が好きな方、おすすめスポットがあればぜひ教えて下さい!