404?405?いまさら聞けないエラーコードをまとめておさらい

         

Web制作

404?405?いまさら聞けないエラーコードをまとめておさらい

2020年10月07日 11:00 

404?405?いまさら聞けないエラーコードをまとめておさらい

おはようございます、社員Aです👩

今回は、WEB制作の際に遭遇するエラーコードを改めておさらいしたいと思います!

 



 

エラーコードとは?

エラーコードは、何かしらのエラーが発生した際に、エラーの種類や内容を表した番号のことです。

あらかじめエラーの種類が指定されているため、覚えておくだけで適切な対処ができます。

 

エラーコードは大きく5つに分けられます。

100、200、300番台はほとんど見かけないため、今回は400、500番台に絞って解説します。

エラーコード 意味
100番〜 処理成功
200番〜 リクエスト成功
300番〜 リダイレクション
400番〜 クライアントエラー
500番〜 サーバーエラー

 

 

エラーコードの意味 400番台

エラーコード400番台は、クライアントからのリクエストにエラーがあった場合に表示されます。

 

400 Bad Request

リクエストが不正だった場合に表示されます。

定義されていないメゾットなどを使うなど、クライアントのリクエストにエラーが発生しています。

 

401 Unauthorized

認証が必要な場合に表示され、Basic認証やDigest認証などを行うときに使用されます。

多くのブラウザでは、認証ダイアログが表示されます。

 

402 Payment Required

支払いが必要な場合に表示されますが、現在は使用されていません。

 

403 Forbidden

アクセス拒否された場合に表示されます。

アクセス権限がない場合や、ホストによるアクセス禁止など。

 

404 Not Found

一番よく目にするエラーコードですね。

リソースが見つからなかった場合に表示されます。

 

405 Method Not Allowed

許可されていないメゾットを使用した場合に表示されます。

 

406 Not Acceptable

リクエストが受理できない場合に表示されます。

 

407 Proxy Authentication Required

プロキシ認証が必要な場合に表示されます。

 

408 Request Timeout

リクエストが時間以内に完了しなかった場合に表示されます。

 

409 Conflict

現在のリソースと競合し、処理が完了できない場合に表示されます。

 

410 Gone

リソースが移動・消滅した場合に表示され、二度と復活しない場合に使われます。

 

 



411 Length Required

Content-Length ヘッダがないのでサーバがアクセスを拒否した場合に表示されます。

 

412 Precondition Failed

前提条件が偽だった場合に表示されます。

 

413 Payload Too Large

リクエストエンティティがサーバの許容範囲を超えている場合に表示されます。

アップローダの上限を超えたデータを送信した場合などです。

 

414 URI Too Long

URIが長過ぎて、サーバが処理を拒否した場合に表示されます。

 

415 Unsupported Media Type

指定されたメディアタイプがサーバでサポートされていない場合に表示されます。

 

416 Range Not Satisfiable

リソースのサイズを超えるデータを要求した場合に表示されます。

 

417 Expectation Failed

Expectヘッダによる拡張が失敗した場合に表示されます。

 

418 I’m a teapot

HTCPCP/1.0の拡張ステータスコードで、予約済みのエラーコードです。

 

421 Misdirected Request

誤ったリクエストが行われた場合に表示されます。

 

422 Unprocessable Entity

WebDAVの拡張ステータスコードで、処理できないエンティティ。

 

423 Locked

WebDAVの拡張ステータスコードで、リクエストしたリソースがロックされている場合に表示されます。

 

424 Failed Dependency

依WebDAVの拡張ステータスコードで、存関係で失敗した場合に表示されます。

 

 



425 Too Early

Early dataを受け入れない場合に表示されます。

クライアントは新規にTLS接続を確立し、再度リクエストを送る必要があります。

 

426 Upgrade Required

アップグレードを要求された場合に表示されます。

 

428 Precondition Required

条件付きリクエストでなければならない場合に表示されます。

 

429 Too Many Requests

要求が多すぎて、サーバーが処理を拒否する場合に表示されます。

 

431 Request Header Fields Too Large

リクエストヘッダーフィールドのデータ量が多く、サーバーが処理を拒否する場合に表示されます。

 

 



エラーコードの意味 500番台

エラーコード500番台は、サーバーでエラーが起きた場合に表示されます。

 

500 Internal Server Error

サーバ内部にエラーが発生した場合に表示されます。

プログラムに文法エラーがあったり、設定に誤りがあった場合など。

 

501 Not Implemented

実装されていないメソッドを使用した場合に表示されます。

 

502 Bad Gateway

ゲートウェイ・プロキシサーバが不正な要求を受け取り、これを拒否した場合に表示されます。

 

503 Service Unavailable

サービスが一時的に過負荷やメンテナンスで使用不可能な場合に表示されます。

 

504 Gateway Timeout

URIから推測されるサーバからの適切なレスポンスがなくタイムアウトした場合に表示されます。

 

505 HTTP Version Not Supported

サポートされていないHTTPバージョンである場合に表示されます。

 

506 Variant Also Negotiates

Transparent Content Negotiation in HTTPで定義されている拡張ステータスコードです。

 

507 Insufficient Storage

WebDAVの拡張ステータスコードで、リクエストを処理するために必要なストレージの容量が足りない場合に表示されます。

 

508 Loop Detected

WebDAVの拡張ステータスコードで、ループを検出した場合に表示されます。

 

510 Not Extended

An HTTP Extension Frameworkで定義されている拡張ステータスコードで、拡張できない場合に表示されます。

 

511 Network Authentication Required

ネットワークに対する認証が必要な場合に表示されます。

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

入社6年目。フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。 一人旅が好きで、主に東南アジアを周っています。旅行が好きな方、おすすめスポットがあればぜひ教えて下さい!