9月17日配信のiOS14は新機能満載!実際に何が変わった?

         

デバイス

9月17日配信のiOS14は新機能満載!実際に何が変わった?

2020年09月24日 8:00 2020年09月25日

9月17日配信のiOS14は新機能満載!実際に何が変わった?

おはようございます!社員Aです👩

さて、今回は2020年9月17日に配信されたiOS14の新機能についてまとめていきたいと思います!

 

こちらもおすすめ

 

もくじ



 

iOS14は日本時間で、9月17日配信

引用:https://www.apple.com/jp/ios/ios-14/

 

日本時間で、9月17日からiOS 14にアップグレードできるようになりました。

対象機種についてもまとめているので、是非最後までご覧ください!

 



 

iOS14の新機能や強化された点など

iOS14で強化された点や新機能についてまとめていきます。

 

新機能1.ウィジェットをホーム画面に追加

特に話題になったのがこちら。

Androidのように、ウィジェットをホーム画面に追加できるようになりました。

より多くの情報を一目でチェックできるように、ウィジェットを完全に再設計。

これからはホーム画面にも追加できます。

様々なサイズから選べて、画面上の配置も自由です。

天気やカレンダーなどよく使う情報をアプリを開かずにチェックできるのが便利です!

 

新機能2.Appleライブラリ

アプリが自動的にカテゴリーごとに分類され、最もよく使うものをいつでもワンタップで開けます。

今までアプリを見つけるのに時間が掛かっていたのが、分類から探せるようになるので時短ですね。

 

新機能3.コンパクトな着信画面

iPhoneからの着信、FaceTimeと他社製アプリの着信など、小さくなった新しいデザインの通知でお知らせします。

アプリ操作中もうっかりタップしてしまう心配もありませんね。

 

新機能4.ピクチャ・イン・ピクチャ

ピクチャ・イン・ピクチャで別のアプリを使っている時も、ビデオ観賞やFaceTime通話を続けることができます。

 

新機能5.ピンで固定したチャット

チャットを9件までリストの上部に固定できるので、いつでもすばやくチェックできます。

ピンで固定したチャットでは、届いた瞬間にメッセージが表示されます。

ピンで固定されているグループチャットでは、直近の参加者からメッセージが届くと、ピンの周りにその人のアニメーションを表示。

だから、誰が何を話しているのかがわかります。

 

新機能6.グループ写真

写真やミー文字を加えたり、絵文字を選べるので、それがどんなグループチャットなのかを視覚的に把握できます。

 



新機能7.名前の言及

名前を入力することで、メッセージを伝えたい相手をはっきりと示せます。

あなたが言及されると、あなたの名前にハイライトがつくのでわかりやすいです。

自分が言及された時だけ通知が届くように、進行中のグループチャットをカスタマイズするのも簡単です。

 

新機能8.インラインの返信

これからは、グループチャットの中の特定のメッセージに直接返信できます。

チャット全体の中で返信を見ることも、個別のスレッドでそのやり取りだけを見ることもできます。

 

新機能9.新しいミー文字のスタイルとステッカー

新しい年齢のオプションやマスクと一緒に、新しい髪型や帽子などのスタイルを20以上用意。

趣味や職業など、表現の幅が広がりました。

 

新機能10.自転車での経路

マップアプリで、自転車レーンや自転車専用道路を使った自転車での経路をチェックできるようになります。

ルートを調べる時は、標高、道路の混雑状況、階段や急勾配のある場所がわかるので便利です。

マップは標高を認識するので、上り坂でのワークアウトになるか、平坦な道でリラックスして走れるかがわかります。

経路の途中に急勾配があったり、自転車を降りて階段を使う必要がある場合は、アラートでお知らせ。

階段や混雑した道をまとめて回避するルートも選べます。

 

新機能11.電気自動車での経路

マップアプリは車の現在の充電状況をチェックし、標高などを考慮したうえで、道の途中にある充電スポットを自動的に追加することができます。

その車に合った充電器の種類もわかるので、互換性のあるステーションに確実に立ち寄れます。

 

新機能12.ガイド

Appleマップのエディターたちが、信頼できるブランドやパートナーと連携。

世界各地にある注目の飲食店、ショップ、見どころをガイドにして届けてくれます。

気になるガイドを保存すると、そこに新しい場所が追加された時に自動でアップデート。

 



新機能13.翻訳の会話モード

翻訳アプリは簡単に会話ができるように設計。

iPhoneを横向きにしたら、真ん中にあるマイクボタンをタップ。あとは話すだけです。

画面のそれぞれ該当する側に、自動言語検出機能が元のテキストと翻訳されたテキストを書き起こします。

続いて、翻訳された音声が流れます。

翻訳アプリは先進的なオンデバイス機械学習と、パワフルなApple Neural Engineを活用。

自然な感覚で会話が聞こえるようにします。

 

新機能14.翻訳のオンデバイスモード

翻訳アプリを完全にオフラインで使えるモードです。

ダウンロード済みの言語でアプリのすべての機能が使えて、iPhoneのインターネット接続をオフにしなくても翻訳のプライバシーが保たれます。

 

新機能15.翻訳のよく使う項目

翻訳を「よく使う項目」タブに保存すると、あとから簡単にチェックできます。

最近の履歴の表示も、翻訳したばかりのフレーズの保存もできます。

 

新機能16.翻訳のアテンションモード

翻訳されたテキストを横向き表示で拡大すると、さらに読みやすくなります。

相手の注意を引きながらコミュニケーションをとりたい時に効果的です。

 

新機能17.コンパクトなデザインのSiri

Siriの表示が新しいデザインに。

今していることに集中したまま、すばやく情報を調べたり、用件を済ませることができます。

 

新機能18.Siriのウェブからの回答

Siriがインターネットのあらゆる部分から情報を引き出し、さらに幅広い質問に答えられるようになります。

 



新機能19.Siriのオーディオメッセージの送信

Siriを使って、オーディオメッセージを簡単に送信できるようになりました。

 

新機能20.オートメーションの提案

HomeKit対応アクセサリを新しく追加すると、ホームアプリが便利なオートメーションを提案。

 

新機能21.ホーム状況

ホームアプリに視覚的な状況表示が加わります。

最も重要なアクセサリを優先し、簡単にコントロールできるようにします。

 

新機能22.適応型照明

快適さと作業の効率を最大限に高められるように対応する照明アクセサリでは、一日を通じて色温度を自動で調整できるようになります。

朝はより暖かい色でゆっくりと一日をスタート。

夕方にブルーライトをカットすれば、リラックスしたムードの中で夜を迎えられます。

 

新機能23.活動ゾーン

カメラが写す場所のうち最も重要なエリアを、活動ゾーンとして集中的に監視できます。

この設定にすると、そのゾーンで動きがあった時だけアラートが届きます。

 

新機能24.顔認識

ビデオカメラとドアベルが、写真アプリでタグ付けした人を識別できるようになります。

人のタグ付けは簡単で、その人が映った時に通知が届くように設定できます。

顔認識と活動ゾーンは、カメラアクセサリで撮影された映像をホームアプリに直接表示する、HomeKitセキュアビデオ機能の一部です。

すべての映像がクラウドの中ではなく、家にあるApple製デバイス上で分析されるので安全でプライバシーも守られます。

 



新機能25.Safariのパフォーマンス向上

Safariは圧倒的に速いJavaScriptエンジンを搭載。

JavaScriptのパフォーマンスは、AndroidでChromeを使う時の最大2倍高速です。

 

新機能26.Safariのプライバシーレポート

「プライバシーレポート」ボタンをタップすると、ウェブサイトのプライバシーレポートを表示してくれます。

 

新機能27.Safariのパスワードの監視

保存したパスワードが、データの漏えいで侵害されていないことを確認するためにパスワードを安全な状態で監視します。

強固な暗号化技術を使い、侵害されたパスワードのリストに対してパスワードの導出値を定期的にチェック。

 

新機能28.車のキーをWalletアプリに

Walletアプリに車のデジタルキーがあれば、キーは家に置いたままでも大丈夫。

車のロックを解除する時は、iPhoneをドアに近づけるだけ。

車の中でiPhoneをリーダーかワイヤレス充電器の上に置けば、エンジンをかけられます。

Apple Watchでも同じことができます。

 

新機能29.車のキーを共有して管理する

友だちや家族とキーを共有するのも簡単。

車の操作のカスタマイズや、制限付きプロファイルの作成もできるので、初心者ドライバーにぴったりです。

キーの共有を取り消したり、一時的な共有に限定することもできます。

 

新機能30.予備電力

iPhoneのバッテリーが切れたあとも、最大5時間動作します。

 



新機能31.CarPlayの壁紙と新しいカテゴリーのアプリ

CarPlayはこれから、駐車、電気自動車の充電、食事のすばやい注文など、新しいカテゴリーのアプリにも対応します。

 

新機能32.空間オーディオ

AirPods Proでは、どこにいても映画館にいるような体験を楽しめるようになります。

新しく空間オーディオ機能とダイナミックヘッドトラッキング機能を追加

頭の向きを変えたりデバイスを動かしても、サラウンドサウンドのチャンネルが正確についてきます。

 

新機能33.AirPodsのバッテリーの通知

便利なバッテリー通知機能を追加。

AirPodsの充電が必要になるとお知らせします。

 

新機能34.AirPodsの自動切り替え

AirPodsのサウンドは、デバイス間でシームレスに移動するため、手動で切り替える必要はありません。

例えばiPhoneで通話を終えて、映画を観るためにiPadを手にすると、AirPodsの接続が自動的に切り替わります。

 

新機能35.AirPodsのヘッドフォン調整

これからは聞こえ方の違いに合わせて、AirPodsのオーディオを調節できます。

弱い音を増幅し、使う人それぞれの聞こえ方に合わせるヘッドフォン調整機能を追加。

音楽や通話などが、はっきりクリアに聞こえるようになります。

 

新機能36.Apple TVでのオーディオ共有

Apple TV 4Kに2組のAirPodsを接続できるようになるので、ほかの人を邪魔することなく、誰かと一緒に映画や番組を楽しめます。

 



新機能37.App Clip

自転車のレンタル、駐車料金の支払い、料理の注文など、あらゆるシーンで活躍。

App Clipは、使いたい瞬間に簡単に見つけて使えます。

出かける様々な場所で、NFCタグやQRコードを使って見つけられます。

Safari、マップ、メッセージアプリからも起動できます。

コードは個々のApp Clipと一対一のペアになっていて、iPhoneのカメラでスキャンすることも、NFCを使ってタップすることもできます。

 

新機能38.App Clipの高速な読み込み

App Clipはファイルサイズが小さいので、すばやく手に入れられます。

App Clipにアクセスするとカードが表示され、「開く」をタップすればすぐに起動。

 

新機能39.App Storeのプライバシー情報

ダウンロードする前に、そのアプリのプライバシーに関する方針をより良く理解するための情報を見ることができます。

これは、App Storeにあるすべてのアプリに適用されます。

 

新機能40.録音と録画のインジケータ

アプリがiPhoneのマイクやカメラを使っている時は、それを知らせる表示が常に画面の上部に現れます。

コントロールセンターでは、アプリがマイクやカメラを最近使ったかどうかを確認できるようになります。

 

新機能41.「Appleでサインイン」へのアップグレード

対応するアプリにログインしている時は、「Appleでサインイン」に簡単に切り替えられます。

すでに使っているアカウントはそのままで、管理しなくてはならないパスワードを一つ減らせます。

 

新機能42.おおよその現在位置

位置情報に関しては、正確なものではなく、おおよその情報だけを共有できます。

地域向けニュースや天気などのアプリに最適です。

 

 



対象機種

iOS14のアップデート対象機種は下記のとおりです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

入社6年目。フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。 一人旅が好きで、主に東南アジアを周っています。旅行が好きな方、おすすめスポットがあればぜひ教えて下さい!