WEB業界あるある

         

Webマスター

WEB業界あるある

2020年03月28日 16:57 

WEB業界あるある

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

技術者ではない私がお伝え出来るのは

テクニックでも、アイデアでも、便利なツールでもなく

WEB業界あるある

です。

 

目次

  1. そんな言葉ありません
  2. いえ、家電は詳しくありません
  3. 明日までにって言われても
  4. 変更箇所が変わってないやんか!!

 

そんな言葉ありません

「レスポンシブルで作って欲しいんですが」

たなに聞く注文です。

凄く悩ましいのが

何度も「レスポンシブ」ってこちらは言ってるのに

相手は頑なに「レスポンシブル」って言い返してくる時です。

頑固にならず、柔軟になってほしいと願うばかりですが

相手ばかりに要求するのではなく

こちらが柔軟になれば済む話だと考えるようになりました。

意図は理解できているので。

 

「セオはしっかりやってください」

この言葉には衝撃を受けましたが、それは固定観念であって

MACは「エムエーシー」とは言いませんしね。

SEOだって「セオ」って読んじゃいますよね。

ただ、この業界、新語が生まれるのは日常茶飯事なので

本当にそういう言葉があるんじゃないかと困惑します。

特に真面目でお堅い方が、部下のいる前で言われる時

すごく困ります。

すごく気を使います。

 

「Googleビジネスをしたいです」

何年後かにそういう言葉が本当に生まれそう

もしくはスラングで常用されてそうなので

凄く困ります。

「自分は情弱なのか」と、不安すら覚えます。

 

いえ、家電は詳しくありません

「おすすめのパソコンって何ですか?」
「おすすめのスマホって何ですか?」

職業柄、こういうことを聞かれるのは致し方ないと思います。

しかし特段、この仕事してるからって

パソコンやスマホの「機器」に関して詳しい訳ではないので

「おすすめの」って聞かれるのはまだ良いんですが

「一番良いパソコンって何ですか?」

って

「一番」ってフレーズが付くと、責任が生じてくる感じでかなり困惑します。

それとよく勘違いされるのは

家電の最新情報に詳しそうって思われてるのか

「どこのメーカーの冷蔵庫が良いですか?」

もう電器屋さんと思われているようで。

番外編ですが

「Excel詳しいですか?」

って質問や、なんなら打ち合わせの場で「教えてください」

ってのもあります。

この業界で

家電もエクセルも、詳しい人ももちろんいるでしょうけど

すべからく、一律全員が詳しい訳ではないのでご理解、ご了承頂けると幸いです。

 

明日までにって言われても

「この修正を明日までにお願いします」

って軽い感じで言われますが

なんでしょう

業界の印象が

軽んじられる時をたまに感じます。

そりゃ

こちらもチャチャっと対応したいですし

チャチャっと出来るものもありますが

「明日はおろか、来週の作業予定がスッカスカだと思われている」

「凄く簡単に、なんならワンクリックで解決できる」

そう思われいる、もしくは誤解している方もお見受けします。

即時対応してしまうのもいけないんでしょうけど

「やってしまう」

「期待に応えたくなる」

「テキストだけなら」

って感覚、これがいけないんだと感じてしまいます。

そしてこの業界のイメージがそうさせてるのかもしれませんが

「夜遅くまで仕事してる」と言うイメージは

なかなか払拭されませんね。

オンタイムが午後って言う偏見は持たれてると思います。

また、多忙な時ほどこういう「急ぎ」の依頼がくる傾向があります。

まぁ、しかしこういうのは大抵どの業界でもあるあるな気がします。

私も発注者側の時は

「早く出来るんならラッキー」程度の軽い感じで

「急ぎで」と言ってたのを思い出しました。

たぶん悪意はないんだと思いますし、早く出来ると期待されてるんだろうと

前向きに捉えます。

 

変更箇所が変わってないやんか!!

この言葉は誰も幸せになりません。

「修正完了して本番環境に反映しました」の報告後

しばらくして

烈火のごとくお怒りに、もしくは冷静だった担当者の方が慌てふためいて

連絡をいれてきます。

 

「キャッシュです」

って言うのも説明が長くなります

サッカー選手にラグビーのオフサイドのルールを説明するぐらいややこしいです。

 

「更新してみてください」

って言うのも怒りを鎮める特効薬にはなりません。

「更新なんて書かれたボタンなんてない!」って言われるのがオチです

「リロード」なんてフレーズはもってのほかです

 

「シークレットモードで開いてみてください」

って言えば火に油です。

「ブラウザ」「chrome」の説明が必要になる恐れが高いです。

 

「キーボードの左下にあるCtrlってボタンと。キーボードの上にあるF5を同時に押してください」

が一番の近道です。

 

キャッシュ問題は、長い闘いになると思います。

 

いかがでしたでしょうか。

私のカミさんが

車を購入しに行ったときに

「タイヤは付けてくれるんですか?」

と真顔で言い放ったように

 

自分では当たり前と思っている事が相手には当たり前ではないことを自分の中では当たり前にしようと思います。

 

カミさんの言葉の後に

「ハンドルは最初から付いてるよ(笑)」と伝えたら

「そんなの当たり前やん!!」と、あんたバカなの的に言い返されました。

 

次回は

クライアントを不快にさせずに

専門用語(横文字)をいかに分かりやすく例えることが出来るか

を、お送りしようと思います。

 

関連記事

この記事を書いた人

takasaki

アットリーニ

「WEBサイトは点にも線にもなる」と考え、温故知新の考えと既成概念に捉われず、手段と方法を選ばないブランディングと売上げを上げることを楽しく考えることが好きでペンギンの飼育を経験したことがあり、あらゆる業種の人と同じ言語で会話が出来るマルチリンガルな2児の父でサッカーが好きで最近登山に憧れを抱くWEBアカウントマネージャーです