iOS13アップデート不具合情報・ダウングレードの方法

iPhone

iOS13アップデート不具合情報・ダウングレードの方法

2019年09月21日 8:00 

iOS13アップデート不具合情報・ダウングレードの方法

おはようございます。社員Aです👩!

9月20日にアップデートのアナウンスが始まったiOS13ですが、早速不具合などが起きているようです。

また、iOS12へのダウングレードの方法についても説明していきたいと思います。

 

iOS13の新機能についてはこちら

 



 

iOS13の不具合情報

iOS13にアップデートしたところ、各所で不具合が見受けられています。

特に古い端末ほど不具合が起こりやすい傾向があります。

  1. LINEアプリの起動ができなかったり、挙動がおかしい
  2. 写真アプリがクラッシュする
  3. アプリが起動しない

 

LINEアプリの起動ができなかったり、挙動がおかしい

iOS13にアップデートした直後に、LINEが起動できない不具合が起きているようです。

その他にもLINEは開けるけれど、キーボード出したままリプライ不可能や通知音が鳴らないなどの現象も見受けられています。

これはLINEのアップデートに期待するしかなさそうです。

 

写真アプリがクラッシュする

iPhoneにもともと入っている純正の写真アプリがクラッシュする不具合が出ています。

写真アプリで端から端まで早送りするとクラッシュするようです。

 

アプリが起動しない

iOS13にアップデートしたことで、一部アプリが起動しない等の不具合が起きる場合があります。

アプリが起動しない場合の対処法
■アプリを最新版にアップデートする
アプリが最新版でバグ修正している可能性もあります。また、新しいiOSのリリース後は頻繁にアップデードの案内がある可能性があるので、起動しない場合はこまめに確認をしましょう。

■アプリを再インストール
アプリが最新版でも改善しない場合は、一度アプリを削除し、再インストールして試してみましょう。
※ログイン情報・データのバックアップは各自でお願いします。

 



iOS13からiOS12にダウングレードする方法

アップデートしたのはいいものの、不具合が多くて元に戻したい!という方向けです。

注意事項

下記注意事項をしっかり読まれてから、自己責任で進めてください。

  1. 現在、iOS 12 はiOS 12.3にしかダウングレードできません。
  2. ダウングレードするには、一度iPhone/iPod touchを初期化する必要があります。
  3. iOS12.3に戻したとき、バックアップはiOS12のものが必要です。(iOS13の分のバックアップは使えません。)
  4. ダウングレードにはパソコンが必要になります。スマホやタブレットのみではできません。

 

ダウングレードする前に行うこと

まずは必ず、ダウングレードしたい端末(iPhone・iPod touchなど)のバックアップを取ります。

 

ファームウェアをダウンロード

お手持ちのダウングレードしたい機種に合わせて、ファームウェアをダウンロードしてください。

 

PCに端末をつなげてiTunesを起動

  1. ファームウェアをダウンロードしましたら、PCに端末をつなげてiTunesを起動します。
  2. iTunesの左上のデバイスアイコンをクリックして、デバイス管理の画面に入ります。
  3. iPhoneをリカバリモードにします
iPhone X・iPhone 8/8 Plusでリカバリーモードに入る方法
Step 1: iOSデバイスをコンピュータに接続してから最新バージョンのiTunes を開きます。 そして、電源をオフにします。

Step 2:スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。Appleロゴが表示されても放さず、リカバリモードの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けてください。
(アップルロゴが出てきたても手を離さず、2~3秒後はリカバリモードに入ります)

iPhone 7/7 Plusでリカバリーモードに入る方法
Step 1: 音量ダウンボタンとサイドの電源ボタンを同時に10秒ほど長押しする

Step 2:Appleのマークが表示されたらボタンを離す

iPhone 6s以前/iPad/iPod touchでリカバリーモードに入る方法
Step 1: スリープボタンとホームボタンを同時に押す。

Step 2: 次のリカバリモードの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続ける。

 

ポップアップで「復元」を選択

アップデートまたは復元を必要としている【機種名】に問題があります。

という文言のポップアップが出てきましたら、「復元」ボタンをクリックします。

 

ダウングレード完了

iOS 13 からiOS 12へのダウングレードが終わると、端末が自動的に再起動になります。

過去のバックアップなどからデータを戻せば、再度iOS12として端末を使用できます。

 

 

まとめ

ダウングレードにはリスクも伴うので、よほどのことがない限り、iOS13のアップデートを重ねて安定して使えるのを待つほうが良いと思います。

どうしてもiOS12に戻したいという方は是非上記参考にされてください!

 

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!