フリー写真サイト「写真AC」がAIで生成した人物素材を提供開始!

デザイン

フリー写真サイト「写真AC」がAIで生成した人物素材を提供開始!

2019年05月28日 8:00 

フリー写真サイト「写真AC」がAIで生成した人物素材を提供開始!

こんにちは!社員Aです👩

今回はWEB制作者なら誰もが一度は使用したことがあるであろうフリー写真サイト「写真AC」から、AI(人工知能)が生成した人物素材が提供開始されたとのことで記事に起こしてみました。



 

フリー写真サイト「写真AC」がAIで生成した人物素材を提供開始!

「写真AC」と言えば、豊富な写真の数で知られるフリー写真サイトで私も制作の際に使用することがあります。

ユーザーが投稿する仕組みなので、ニッチなジャンルでも写真が見つかったりするので、最後の砦として使ったりするとてもお世話になっているサイトです(笑)

今回この「写真AC」から、AI(人工知能)が生成した人物素材が提供開始されました。

写真ACが許可を得て集めた写真をもとに、AI(人工知能)が生成した人物素材をダウンロードすることができ、実在しないモデルのため、
安全に利用できるのがメリットです。

 



使い方もシンプルで簡単に生成できる!

写真ACの「AI人物素材」にアクセスすると、下部に「生成する」と「ダウンロード」のボタンがあります。50回まで生成することができ、生成した画像は即時ダウンロードできます。

こちらはまだベータ版のため、完璧な品質ではありませんがクリックを繰り返し良さそうな顔写真があればダウンロードしてデザインなどに活用できます。

個人・商用ともにクレジット表記不要でフリーで使用できるため、フリーの人物素材に抵抗のある方や「フリー素材の写真は被ってしまう!」という方でもオリジナルで人物素材が作れるのがメリットだと思います。

 

AI人物素材は、どういう仕組みで作られている?

このAI人物素材がどのような仕組みで作られているのかというところに興味が湧きますね。

「写真AC」によると、GAN(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)を用いて、実在しない人物の顔を生成しているそうです。

このGAN(敵対的生成ネットワーク)というのは2014年に発表された人工知能アルゴリズムの一種で、生成側がイメージを出力し、識別側がその正否を判定するという仕組みです。

生成側は識別側を欺こうと学習し、識別側はより正確に識別しようと学習するこの2つのネットワークが相反した目的のもとに学習する様が敵対的と言うことだそうです。

少し難しいですが、このGAN(敵対的生成ネットワーク)は主に存在しない画像を生成するために最近注目されているAIの一つだと言うことが分かりました。

 

AI人物素材を使うメリット

先程も少し触れましたが、AI人物素材を使うことで様々なメリットがあります。

  1. 被写体から写真使用の許可を撤回されるという事態が起こりえない
  2. 架空の人物でありながら、実在するかのような人物画像を生成することができる
  3. 自分好みの人物を生成することができる

 

まとめ

日本人だけでなく外国人の写真をもとに作成することもできるので、幅広く使えそうです。

まだベータ版の段階でこれから更に改良されていくため、さらに高精度な人物写真が作れるようになると期待しています。

 

関連記事

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!