Chrome70の新機能「ピクチャーインピクチャー(PIP)」で動画を見られるように!

デバイス

Chrome70の新機能「ピクチャーインピクチャー(PIP)」で動画を見られるように!

2018年11月10日 8:00 

Chrome70の新機能「ピクチャーインピクチャー(PIP)」で動画を見られるように!

こんにちは!社員Aです👩

以前の記事で「Google Chrome70」がリリースされ、新機能が盛り込まれたことを書きましたが、今回はその新機能の一つでもある「ピクチャーインピクチャー」についてご紹介したいと思います。

▼前回の記事はこちら



 

Chrome70で新機能ピクチャーインピクチャー(PIP)に対応!

10月16日にリリースされた「Google Chrome 70」で、新機能として追加されたピクチャーインピクチャー。

どういった機能なのか、ご存知の方もいるかと思いますが、簡単に言うと「再生している動画を、画面の隅に表示できる」機能です。

調べ物やネットサーフィン・制作をしながら、画面の隅で同時に動画も再生できるということです。

ピクチャーインピクチャーとは、ひとつの画面の隅などに小さく別の画面の表示領域を設け、それによって両方の画面を同時に表示させておけるようにする表示法のことである。

 



Chromeでピクチャーインピクチャーを使う方法

ここからは、Chromeでピクチャーインピクチャーを使用する方法をご紹介します。

 

1.まずはChromeを70にバージョンアップ

Chromeでピクチャーインピクチャーを使用するには、Chromeのバージョンが最新の70にアップデートされている必要があります。

自動更新にしている方は、自動的にバージョンが70になっているかと思いますが、毎回手動でアップデートしている方は、バージョンアップしてください。

お使いのChromeのバージョンを確認するためには、まず左上のメニューから「Google Chromeについて」を選択します。

 

お使いのChromeの現在のバージョンが表示されますので、70にアップデートされているかどうかを確認し、されていない場合はアップデートし、アプリを再起動します。

 

2.Youtubeで動画を開きます。

続けて、ピクチャーインピクチャーしたい動画をYoutubeで開き、動画を再生します。

再生した動画の上で右クリック(表示されない場合は、2回右クリック)をし、「ピクチャーインピクチャー」を選択します。

 

3.ピクチャーインピクチャーを好きな場所に移動する

右下にピクチャーインピクチャーで動画が表示されたかと思います。

マウスで好きな場所や見やすい位置に動かしましょう!

 

大きさを変更する方法ピクチャーインピクチャーの左上にカーソルを持っていくと、矢印アイコンが表示されますので、お好きなサイズに変更できます。

また、ピクチャーインピクチャーを使用しているときは、下記のようにYoutubeを開いているタブの右側にピクチャーインピクチャーのアイコンが表示されます。

 

注意点など

ピクチャーインピクチャーはあくまで表示用になりますので、操作(早送り・巻き戻し)はYoutube側で行う必要があります。

また、動画再生後、自動で次の動画が流れたりリプレイされることもないので、他の動画を見たいときや動画が再生し終わった後はYoutube側で操作が必要です。

※再生・停止のみピクチャーインピクチャー上で操作可能です。

 

まとめ

iPadなどでは使用できていたピクチャーインピクチャーが、Chromeの最新版では使用できるようになり、動画を見ながら作業ができるのが便利になりましたね。

Youtubeをよく見る方や、作業中並行して動画を見たい方にもおすすめです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!