WordPressのローカル環境が簡単に構築できるLocalが素晴らしい!

Wordpress

WordPressのローカル環境が簡単に構築できるLocalが素晴らしい!

2018年09月26日 8:00 2018年09月28日

WordPressのローカル環境が簡単に構築できるLocalが素晴らしい!

おはようございます!社員Aです👩



さて、今回はWordPressのローカル環境が簡単に構築できるLocalがとっても便利だったので紹介していきたいと思います。

 

今までの煩わしい設定いらずでWordPressローカル環境を構築できる

今までは、XAMPPやMAMPといったアプリで、WordPressをインストールするというのが主流でした。

私もローカル環境構築の際は上記のアプリを使っていたのですが、インストールから使い始めるまでの設定が少し煩わしく感じていました。

そんなローカル環境をあっという間に構築できるのが、「Local」です。

サーバーの知識がない方でも簡単に始められるアプリになっています。

 

さっそく「Local」を使ってみた

このブログを構築する際にも、本番環境に移管するまでは「Local」を使って制作しました。

その時の手順を振り返りながら説明していきたいと思います。

 

1. ダウンロード

まずは、公式サイトにアクセスし、「Free Download!」のボタンをクリックしてダウンロードします。

 

ポップアップが開き、MacかWindowsか聞かれますので、使用している方を選びます。

その他の項目は「メールアドレス」と「WEBサイトの数」を入力すれば、ダウンロード可能となっています。

 

2. インストールとセットアップ

ダウンロードしたファイルを解凍し、アプリを開きます。

アプリを開き、「Let’s GO」のボタンをクリックすると、「Virtual Box」「Host Machine」「Local Image」の設定が自動で始まります。

サイト名を聞かれますので入力します。

続けて、サーバーの設定画面に移動します。

細かく設定できますが、今回はデフォルトのままで進めましょう。

続けてWordPressの管理者情報を入力する画面が表示されますので、

  1. ユーザー名
  2. パスワード
  3. メールアドレス

の3つを入力します。

 

ここまで設定したら、実際に環境の構築が始まります。

3.Wordpressサイトが完成!

設定が終わると、管理画面に移行し先程作成したWordpressサイトの情報が表示されます。

「VIEW SITE」をクリックすると、サイトが構築されているのを確認できます!

インストールからたった数分で、簡単にWordpress環境が構築できました。

サイトのローカルパスは下記に表示されています。

 

まとめ

今まで時間がかかっていたWordPressのローカル環境の構築がものの1〜2分で出来てしまいました!

難しい設定いらずで簡単にインストールできるので、ぜひ活用してみてください。

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

社員A

社員A

フロントエンドエンジニア・デザイナーの社員Aです。 多分一番更新頻度が多いかと思います。このブログのテーマも作成しました。ブログの執筆を通じて、やっと日本語Lv.20くらいになれた気がします。 家ではデグーとチンチラという小動物を飼っていて、かなり溺愛しています…!小動物が好きな皆さん、小動物トークしましょう!